11/28(土)【オンライン開催】特別企画「死を希う人に向き合うということ」松本一生さん(松本診療所ものわすれクリニック理事長・院長)x繁田雅弘(東京慈恵会医科大学教授)

Description
私たちは認知症の人の死を希う気持ちに共感できるだろうか。

30年にわたって認知症の人とその家族と向き合ってきた松本一生医師からの問いかけです。

松本医師は、認知症の人=悩みながら生きる当事者、だと考えます。決して「何もわからなくなる人」ではなくて。

とくにいま、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、
不安を抱え、さらに経済的にも困窮する認知症の人が増えています。
家族にも余裕がなくなり、これまでになく追い込まれているといいます。

松本医師は、診療を通じて、「また会ってもいいかなと思える存在になりたい」と言います。
絶望のなかに希望をみつける、それが認知症を診る意味だと語ります。

コロナ時代に認知症の人を支えるのがこれからの使命だと言う松本医師の言葉に耳を傾け、
私たちひとりひとりに対する問いかけを受け止める時間としたいとおもいます。

認知症ケア専門士単位取得可能講座(3単位)。


●利用ツール
・Zoom
※お申し込みをいただきました方を対象とし、URLを送信いたします。
※当日定刻になりましたら、送信されたURLで参加してください。
※開場時刻は18:00、講演開始時間の30分前です。Zoomにご不安のある方は早めにご参加ください。
(定刻より講演を開始するため、みなさま10分前にご入室いただけますと大変ありがたく存じます。)

※後日、会全体を編集して、SHIGETAの学校としてメンバー向けに公開する予定です。


●タイムテーブル
18:00ー18:30 開場 Zoomテスト
18:30-19:00 松本一生先生講演
19:00-19:30 松本先生と繁田雅弘の対談
19:30-20:00 参加者からの質問、対話 ※松本先生は20時に退出します。
20:00ー20:30 問いかけを受けて考える時間


●今回、皆さまからいただく参加費は、
認知症について考え、活動するSHIGETAハウスプロジェクト(一般社団法人栄樹庵)の運営費とさせていただきます。


●ご質問などは以下までお願いします。
school@shigetahouse.org
tel:0463ー31ー3089


松本一生氏
松本診療所ものわすれクリニック理事長・院長
日本認知症ケア学会総務担当理事(会員番号88)
日本老年精神医学会評議員・指導医
日本精神神経学会専門医 
精神保健指定医 歯科医師 認知症の人と家族の会会員
昭和31年 大阪市生まれ さそり座
昭和58年 大阪歯科大学卒業
平成02年 関西医科大学卒業
平成08年 関西医大大学院単位修得(医学博士号未取得)
平成17年 大阪人間科学大学特任教授(診療所院長と兼務)~22年
平成25年 大阪市立大学大学院生活科学研究科 客員教授(同上) ~

繁田雅弘
東京慈恵会医科大学 精神医学講座 教授
東京慈恵会医科大学附属病院の精神神経科では初診や物忘れ外来(メモリークリニック)を担当。また、後進育成、地域医療への貢献にも積極的に取り組む。東京都認知症対策推進会議など都の認知症関連事業や、専門医やかかりつけ医の認知症診療の講習や研修なども行っている。日本認知症ケア学会理事長。
Updates
  • タイトル は 11/28(土)【オンライン開催】特別企画「死を希う人に向き合うということ」松本一生さん(松本診療所ものわすれクリニック理事長・院長)x繁田雅弘(東京慈恵会医科大学教授) に変更されました。 Orig#807202 2020-11-05 07:40:04
More updates
Sat Nov 28, 2020
6:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加費 ~ Nov 28 5:00 PM ¥1,500
Organizer
SHIGETAの学校
484 Followers

[PR] Recommended information